金融&IT業界の情報サイト
 
 


 
【IT業界ニュース】
12345
2024/04/23new

【DTS】東北システムズ・サポートから、設置自由度の高いクロスオーバー型RFIDアンテナの販売開始

| by:ウェブ管理者
株式会社DTS(東京都中央区、代表取締役社長 北村 友朗)のグループ会社で、RFIDをはじめとした自動認識読み取り機器と、それに関連したソフトウェアソリューションを提供している株式会社東北システムズ・サポート(本社:仙台市青葉区、代表取締役社長 下川潤/以下、TSS) は2024年4月23日、省スペース&優れた読み取り性能で物流現場における導入課題を解決する「スマートRFIDアンテナシリーズ」から、新ラインアップ「flexerBOX(フレクサーボックス)」をリリースいたします。本製品は、設置のバリエーションをさらに拡充することで、さまざまな業種への導入ニーズに対応します。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000081622.html

11:02 | IT:一般
2024/04/23new

【ニーズウェル】三菱総研DCS株式会社と業務提携

| by:ウェブ管理者
株式会社ニーズウェル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 船津 浩三)は、2024年4月22日、三菱総研DCS株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 亀田 浩樹、以下「三菱総研DCS」)と両社の長期的な協業関係の構築・推進を目指し、業務提携契約を締結しましたのでお知らせいたします。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000198.000092586.html

11:01 | IT:一般
2024/04/23new

【ブルームバーグ エル・ピー】GPIF、資産運用に関わる統合運用管理基盤としてブルームバーグソリューションの利用を拡大

| by:ウェブ管理者
【東京】ブルームバーグは、本日、世界最大の公的年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が自家運用に関わる資産運用業務にブルームバーグの一連のソリューションを採用したと発表しました。このテクノロジーソリューションを採用することで、GPIFは資産運用に係る一連の業務を自動化することで人為的ミスによる損失リスクを低減し、効率性と生産性の向上が可能となります。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000166.000012467.html

11:00 | IT:一般
2024/04/22new

【トリニティ・テクノロジー】トリニティ・テクノロジーがきらやか銀行と業務提携し、家族信託の「おやとこ」を提供

| by:ウェブ管理者
トリニティ・テクノロジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:磨 和寛、以下当社)は、株式会社きらやか銀行(所在地:山形県山形市、代表取締役頭取:川越 浩司、以下きらやか銀行)との間で、2024年4月1日に業務提携を締結しました。当社はきらやか銀行より顧客紹介を受け、「おやとこ」の提供を行います。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000077937.html

15:10 | IT:一般
2024/04/22new

【ナレッジワーク】株式会社みずほ銀行、「ナレッジワーク」を約5,000人で導入

| by:ウェブ管理者
「できる喜びが巡る日々を届ける」をミッションに掲げる株式会社ナレッジワーク(本社:東京都港区、CEO 麻野 耕司)は、株式会社みずほ銀行(頭取 加藤 勝彦)が、「みんなが売れる営業になる」セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」を導入したことを発表します。

「ナレッジワーク」の導入により、営業資料や営業ノウハウがすぐに見つかり、使えるようになります。これにより、商談準備の時間を減らすとともに、商談の効果を高めることが可能です。

この度、 株式会社みずほ銀行では営業生産性の向上に向けて、「ナレッジワーク」を 約5,000人に導入いただきました。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000063428.html

15:09 | IT:一般
2024/04/22new

【バトンズ】バトンズ、長野県信用組合と事業承継の分野で提携開始

| by:ウェブ管理者
M&A・事業承継支援プラットフォーム「BATONZ(バトンズ)」を運営する株式会社バトンズ(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:神瀬悠一、以下バトンズ)は、長野県信用組合(本社:長野県長野市、理事長:黒岩清)と中小企業における第三者承継・M&Aを支援するための提携を開始したことをお知らせします。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000296.000034376.html

15:08 | IT:一般
2024/04/22new

【Bloom Act】日本政策金融公庫と中小企業のDX推進に向けた支援に関わる協力を開始

| by:ウェブ管理者
株式会社Bloom Act(代表取締役社長:髙野 峻、本社:茨城県つくば市)は、このたび、中小企業の業務効率化を一層推進するため、日本政策金融公庫千住支店(以下、日本公庫)との協力を開始します。

撮影や録音を行わず、誰でも簡単に紙の資料を動画化できる「SPOKES」を通じて、中小企業のビジネスシーンにおける説明・案内の業務効率化を支援してまいります。また、人が資料を用いて話す内容を動画にすることができるため、説明時間の工数削減にも寄与でき、人手不足に悩む企業をサポートいたします。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000044763.html

15:07 | IT:一般
2024/04/22new

【日立ソリューションズ】経済産業省 が推進する「パートナーシップ構築宣言」の取り組みにおいて、 経済産業大臣賞を受賞【お知らせ】

| by:ウェブ管理者
株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:山本 二雄/以下、日立ソリューションズ)は、経済産業省が関係省庁とともに推進する、サプライチェーン全体での共存共栄をめざす「パートナーシップ構築宣言」の取り組みにおいて、3月25日に東京都内で開催された「第2回パートナーシップ構築シンポジウム」で、経済産業大臣賞を受賞しました。


原文はこちら
https://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2024/0422

15:06 | IT:一般
2024/04/22new

【ビリングシステム】スマートフォン決済サービス「PayB」取扱いに関する荘内銀行および北都銀行との業務提携のお知らせ

| by:ウェブ管理者
当社は、フィデアホールディングス株式会社のグループ銀行である株式会社荘内銀行(以下「荘内銀行」、本店:山形県鶴岡市、頭取:松田 正彦)、株式会社北都銀行(以下「北都銀行」、本店:秋田県秋田市、頭取:伊藤 新)と業務提携し、当社スマートフォンアプリ「PayB」へ荘内銀行および北都銀行を利用可能金融機関として接続して、2024年4月22日より取扱開始することになりましたので、お知らせいたします。


原文はこちら
https://pdf.irpocket.com/C3623/Wgeh/BFn6/sUYk.pdf

15:05 | IT:一般
2024/04/22new

【マネーフォワード】マネーフォワード、インターフェース構築を簡単に行える『taias I/F』を提供するZERONIと販売代理店契約を締結

| by:ウェブ管理者
基幹システムと『マネーフォワード クラウド経費』のスムーズな繋ぎ込みの提案が可能に

株式会社マネーフォワードは、『taias I/F』(タイアス インターフェース)の開発と運用保守サービス事業を展開する株式会社ZERONI(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:西浦 智博、以下「ZERONI」)と販売代理店契約を締結したことをお知らせします。


原文はこちら
https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20240422-mf-press/

15:04 | IT:一般
2024/04/22new

【TRUSTDOCK】TRUSTDOCK、マイナンバーカードの利活用を推進するSDKの新バージョン「eKYC即時返却 公的個人認証SDK」をリリース

| by:ウェブ管理者
デジタル本人確認の株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都中央区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)は、政府が推進するマイナンバーカードを用いた本人確認「公的個人認証サービス(JPKI)」の導入を官民問わずさまざまなサービスへの導入をスムーズに実現するために、従来TRUSTDOCKが提供していた公的個人認証用のスマートフォンアプリSDKを大幅に改良した新バージョンのSDK「eKYC即時返却 公的個人認証SDK」を提供開始します。


原文はこちら
https://biz.trustdock.io/news/ekyc-jpki-sdk

15:03 | IT:一般
2024/04/22new

【SAS】SAS、信頼できるAI製品にモデルカードとAIガバナンスサービスを追加

| by:ウェブ管理者
AIモデルの「栄養成分表示」で透明性を強化、潜在的なバイアスやモデル・ドリフトの表面化でオープンソースAIモデルをサポート

(2024年04月22日)
データおよびAIのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、AIガバナンスを向上しモデルの信頼性や透明性をサポートする、信頼できるAIの新製品およびサービスを発表しました。モデルカードと新サービスのAIガバナンス・アドバイザリーは、激動するAI環境をうまく乗り切り、リスクを回避して、目標に向けて安心してAIを活用していけるよう組織を支援します。SASは、米国国立標準技術研究所(NIST)のAIリスクマネジメントフレームワーク(AI RMF)に準拠した「信頼できるAIのライフサイクル・ワークフロー」も公開しました。


原文はこちら
https://www.sas.com/ja_jp/news/press-releases/2024/april/jp-trustworthy-ai-governance-model-cards.html

15:02 | IT:一般
2024/04/22new

【まちのわ】札幌市プレミアム付電子商品券事業における情報プラットフォームの提供について

| by:ウェブ管理者
 九州電力株式会社(本店:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員:池辺 和弘)、株式会社筑邦銀行(本店:福岡県久留米市、頭取:鶴久 博幸)、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:北尾 吉孝)の3社による合弁会社である株式会社まちのわ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:入戸野 真弓、以下「当社」)は、「札幌生活応援プレミアム商品券」における電子商品券の発行について、これを支援する情報プラットフォームを提供することになりましたのでお知らせいたします。当社の情報プラットフォームの提供は、本事業で96地域となります。

 プレミアム付商品券をブロックチェーン/分散型台帳技術を活用して電子的に発行することで、利用者は、申込から購入、決済までの一連の手続きをスマートフォンのアプリ上で行うことが可能となります。また、従来の紙による発行と比べて、商品券の発行や加盟店での精算に必要な手続きを効率化できるほか、購入引換時の混雑防止に繋がる等、地域経済の活性化および利用者の利便性向上を実現します。

 当社は今後も、情報プラットフォームを活用した地方創生及び地域活性化に取り組んでまいります。


原文はこちら
https://www.sbigroup.co.jp/news/2024/0422_14596.html

15:01 | IT:一般
2024/04/22new

【まちのわ】栃木県那須郡那須町における現地決済型ふるさと納税サービス開始について

| by:ウェブ管理者
 九州電力株式会社(本店:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員:池辺 和弘)、株式会社筑邦銀行(本店:福岡県久留米市、頭取:鶴久 博幸)、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:北尾 吉孝)の3社による合弁会社である株式会社まちのわ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:入戸野 真弓、以下「当社」)は、株式会社福島銀行(本店:福島県福島市、取締役社長:加藤容啓)との協業により、4月から新たに栃木県那須郡那須町(以下「那須町」)に対し現地決済型ふるさと納税サービスを提供することになりましたのでお知らせいたします。当社の情報プラットフォーム提供地域は、本事業で95地域となります。

 4月より当社が提供を開始した「まちのわふるさと納税アプリ」を活用し、那須町のふるさと納税の返礼品である商品券をブロックチェーン/分散型台帳技術を活用して電子的に発行します。アプリ利用者は、ふるさと納税の申込から寄附手続き、商品券の受領までの一連の手続きをスマートフォンのアプリ上で行えるようになります。また返礼品となる商品券は、寄附手続き完了後、即時に電子的に発行されます。これにより従来の紙券で発生していた郵送業務が不要となることで、自治体のふるさと納税関連コストの削減につながるほか、利用者は現地に到着してから寄附をしてもその場で商品券を受領し、使用できるといった、新たなふるさと納税機会の創出、利便性向上を実現します。

 4月15日(月)よりホテル&リゾート 那須霞ヶ城ゴルフクラブ・那須国際カントリークラブ・那須伊王野カントリークラブでの取り扱いを開始し、順次町内のその他ゴルフ場にも拡大していく予定です。

 当社は今後も、情報プラットフォームを活用した地方創生及び地域活性化に取り組んでまいります。


原文はこちら
https://www.sbigroup.co.jp/news/2024/0422_14595.html

15:00 | IT:一般
2024/04/19new

【SBINFT】SBINFTのマーケティングプラットフォーム「SBINFT Mits」が東北新社のNFTプロジェクト「IRI-DO(アイリダ)」で採用

| by:ウェブ管理者
NFTを中心としたWeb3事業を営むSBINFT株式会社(代表取締役社長:高 長徳、以下「当社」)は、ロイヤルカスタマーの可視化から獲得までをワンストップで実現するマーケティングプラットフォーム「SBINFT Mits」を、株式会社東北新社(以下「東北新社」)が運営するNFTプロジェクト「アイリダ」向けに本日から提供開始するとともに、東北新社との「SBINFT Mits」を活用した共同企画を通じて「アイリダ」ファンコミュニティーの運営および活性化を支援します。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000106.000013931.html

15:08 | IT:一般
2024/04/19new

【EVERING】ドコモ、Visaのタッチ決済対応スマートリング「EVERING」を発売

| by:ウェブ管理者
株式会社EVERING(以下、EVERING)と、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、スマートリングを活用したスマートライフ事業の推進に関する業務提携契約(以下、本契約)を2024年3月29日(金)に締結し、共創の第一弾として、Visaのタッチ決済対応スマートリング「EVERING(エブリング)」を2024年5月上旬以降に全国のドコモショップのうち一部店舗※1で発売いたします。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000078615.html

15:07 | IT:一般
2024/04/19new

【Finatextホールディングス】Finatextグループのナウキャスト、ファイナンシャルアドバイザリー業務の効率化を生成AIで支援する「Finatext Advisory Assist」を提供開始

| by:ウェブ管理者
 次世代金融インフラの提供を通して組込型金融を実現するFinatextグループの株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:辻中 仁士、以下「ナウキャスト」)は、ファイナンシャルアドバイザリー業務の効率化を生成AIで支援する「Finatext Advisory Assist(フィナテキスト・アドバイザリー・アシスト)」の提供を本日2024年4月19日(金)から開始します。なお、IFAのファイナンシャルスタンダード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:福田 猛、以下「ファイナンシャルスタンダード」)が本サービスの導入を決定しています。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000385.000012138.html

15:06 | IT:一般
2024/04/19new

【Helpfeel】「SBI プリズム少額短期保険」がFAQの検索システム『Helpfeel』を導入

| by:ウェブ管理者
株式会社Helpfeel(京都府京都市、代表取締役/CEO:洛西 一周、以下「当社」)は、SBI プリズム少額短期保険株式会社(宮城県仙台市、代表取締役社長:遠藤 匡、以下「SBI プリズム少短」)にWebサイトのFAQとして、カスタマーサポートの負荷を削減できる検索システム「Helpfeel(ヘルプフィール)」を導入いただいたことをお知らせいたします。

SBI プリズム少短の旧FAQは、多数の項目から回答を探す階層型の仕組みだったため、求める回答を探し出せなかった方などからの問い合わせが多く発生していました。そこでSBI プリズム少短は、直感的に操作できるFAQの検索システム「Helpfeel」の導入によりお客さまの利便性向上を目指します。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000313.000027275.html

15:05 | IT:一般
2024/04/19new

【SCSK】ベネフィット・ステーションの CRM・パーソナル会員に「資産形成ラウンジ エフクリ」を提供開始 ~個人の資産形成を支援し、ファイナンシャル・ウェルビーイングを向上~

| by:ウェブ管理者
 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員 社長:當麻 隆昭、以下 SCSK)は、株式会社ベネフィット・ワン(以下 ベネフィット・ワン)が提供する会員制福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」のCRM・パーソナル会員※1約208万人(2023年9月末時点)に、資産形成プラットフォーム「資産形成ラウンジエフクリ」(以下、エフクリ)の提供を2024年3月25日より開始いたしました。ベネフィット・ステーションの資産形成コンテンツの拡充に寄与し、人生 100 年時代における社会課題解決に貢献いたします。
※1 個人課金型および企業負担型の会員の総称を指し、福利厚生会員は含まれておりません。


原文はこちら
https://www.scsk.jp/news/2024/pdf/20240419.pdf

15:04 | IT:一般
2024/04/19new

【富士通】世界初!形式の異なる企業のデジタルアイデンティティー証明書を変換する技術を開発し欧州データスペースへの接続実証に成功

| by:ウェブ管理者
当社は、さまざまな業界において企業間でデータ共有を実現するデータスペースにおける、参加企業の正当性証明の相互運用性を高めるため、デジタルで管理された企業の属性情報(デジタルアイデンティティー)の証明書を変換するIDYX(注1) Trust Interconnect技術を新たに開発しました。

また、今回開発した技術の有効性を確認するため、本技術を欧州データスペースのOSSであるTractus-X(注2)に組み込み、日本企業が欧州データスペースに参加するというシナリオで、デジタル庁が構築・運営するgBizID(注3)を模した環境での認証を行い、その認証情報をもとにTractus-Xを使って構築したデータスペースに接続できることを世界で初めて確認しました。本実証におけるOSS調査などは、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:丸岡 亨)様に協力いただきました。
本実証は、欧州自動車業界のデータスペースである「Catena-X(カテナエックス)」のGlobal PoCの一部である、Architectural Studyに位置付けられています。

なお、本実証による成果については、「Catena-X」の取り組みの一部として、2024年4月22日(月曜日)から4月26日(金曜日)にドイツで開催されるハノーバーメッセ2024に出展します。当社は、本イベントにて製造業のお客様向けに持続可能な変革を支援するスマート検査ソリューションや支援技術など、製造プロセスの各フェーズ(企画・設計・製造・経営)におけるソリューションを紹介します。


原文はこちら
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2024/04/19.html

15:03 | IT:一般
12345
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.