金融&IT業界の情報サイト
 
 


 
【金融業界ニュース】
12345
2020/12/02new

【日本取引所グループ】2020年11月の売買状況について~11月の東証市場第一部(内国普通株)の1日平均売買代金は、3兆3,949億円

| by:ウェブ管理者
2020年11月の日本取引所グループの現物市場とデリバティブ市場における売買状況(概算)をお知らせいたします。

トピック
現物市場
2020年11月の東証市場第一部(内国普通株)の1日平均売買代金は、3兆3,949億円となった。
2020年11月のETF市場の1日平均売買代金は、3,193億円となった。

デリバティブ市場
2020年11月のデリバティブ合計取引高は3,286万3,057単位となった。
2020年11月のデリバティブ合計取引代金は222兆円となった。
2020年11月の大阪取引所のナイト・セッション(NS)の取引高は1,277万3,402単位となった。
また、NSシェアは39.5%となった。
2020年11月の東証マザーズ指数先物の取引高は15万1,053単位となった。 また、月末建玉残高は2万5,384単位と過去最高を更新した。

2020年11月の売買状況について
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0063/nlsgeu000005567r-att/topics.pdf


原文はこちら
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0063/20201201-11.html

14:06 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/02new

【日本取引所グループ】JPXマンスリー・ヘッドライン(11月分)について

| by:ウェブ管理者
日本取引所グループ(以下「JPX」という)では、市場利用者の皆様により魅力の高い市場をご提供するため、様々な取組みや情報発信などを行っています。これらの情報を毎月コンパクトにまとめ、「JPXマンスリーヘッドライン」として皆様にお届けします。 証券市場の未来につながる市場改革の動向や各種イベントの報告など、JPXの今、が5分でわかります。

JPXマンスリー・ヘッドライン
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/monthly-headline/index.html

2020年11月のヘッドライン
決算短信のHTML化に関する共同実証実験について(11月4日)
JPX・TSEの「ESG情報開示実践ハンドブック」、UNCTADより受賞(11月18日)
「JPX ESG Knowledge Hub」の開設について(11月20日)
タイ先物取引所との天然ゴム商品上場に関する合意書締結について(11月25日)


原文はこちら
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0060/20201201-01.html

14:05 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/02new

【松井証券】2020年11月の月間売買実績・取引口座数等(速報値)のお知らせ

| by:ウェブ管理者
松井証券の2020年11月の月間売買実績・取引口座数等を、下記の通りお知らせします。このデータはインターネット経由の取引のみを集計した速報値です。


原文はこちら
https://www.matsui.co.jp/parts/pdf-view/web/viewer.html?file=/company/ir/press/pdf/pr201201.pdf

14:03 | 金融:証券
2020/12/02new

【マネックス証券】テクニカルチャート&マーケットボード機能等の拡充

| by:ウェブ管理者
マネックス証券の投資情報のテクニカルチャートにRCI(順位相関係数)をはじめとして、投資分析に役立つ機能を複数追加いたしました。
また、マーケットボード登録銘柄のメモ機能、保有銘柄および建玉銘柄の表示件数を50銘柄に拡張、NISA口座の残高表示等にも対応いたしました。
ますます充実したマネックス証券の投資情報をぜひご利用ください。

対象機能一覧
マネックス証券の投資情報において9月以降にも多くの機能を追加しております。
追加した機能をご紹介いたします。
投資情報はマネックス証券にログインしてMY PAGE > 投資情報 からご利用ください。

チャートにRCI (順位相関係数) CCI(コモディティ・チャネル・インデックス)を追加
RCI: 時間の推移と価格水準の相関関係を見ることで、割高・割安を判断する指標です。
一般的に、+80以上を買われすぎ、-80以下を売られすぎと判断します。

CCI: 値動きには一定のサイクルがある事を前提に、株価の売られすぎや買われすぎを読み取ります。
移動平均線との乖離率から相場の転換点を判断します。

マーケットボードにメモ機能などを追加
マーケットボード「登録銘柄ボード」に銘柄ごとにメモを追加できる機能を追加いたしました。メモ記載がある場合には銘柄ボードにメモアイコンが表示されます。
さらに「保有銘柄」と「建玉銘柄」を50銘柄に拡張、「保有銘柄」にはNISA口座の残高も表記できるようになりました。

海外指標にCME米先物NYダウ平均・CME米先物S&P 500を追加
海外指標に「CME米先物NYダウ平均」「CME米先物S&P 500」を新規追加いたしました。

スクリーニングでテクニカル指標のパラメータが自由に設定可能に
スクリーニング機能において、これまでRSI, ストキャスティクス、ストキャスティクススローDの3つのテクニカル指標は固定値での条件設定のみでしたが、任意のパラメータでの条件設定を可能にしました。


原文はこちら
https://info.monex.co.jp/news/2020/20201202_03.html

14:02 | 金融:証券
2020/12/02new

【auじぶん銀行】auじぶん銀行、じぶん銀行スマホデビットをApple Pay対応に

| by:ウェブ管理者
2020年12月1日、auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は、auじぶん銀行が発行するカードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」を本日からApple Payに対応いたします。これによりauじぶん銀行のiPhoneユーザーが店頭で「じぶん銀行スマホデビット」をご利用いただくことが可能になります。

Apple Payはプラスチックカードを店員に手渡したり、暗証番号を入力するために決済端末に触れたり、紙幣や硬貨をやり取りしたりすることなく安全に決済でき、セキュリティーとプライバシーにも配慮した支払い方法と、iPhoneの機能でユーザーを守ります。

一度じぶん銀行スマホデビットをApple Payに設定いたしますと、auじぶん銀行に口座を持つお客様はiPhoneとApple Watchでコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアなど、日本全国で約130万台あるQUICPay+加盟店で、タッチレスで支払いを済ませることが可能になります。Apple Payでの支払いは、Face ID、Touch IDまたはデバイス固有のパスコードと独自の取引コードで認証されるため安全です。

さらにApple PayはiPhone、iPadのスマートフォンアプリでショッピングしたり、MacでSafariを使ってウェブ上でお買い物をする際には、各サイト特有のアカウントを作ったり、送り先や請求先情報を何度も入力することなく、より早く、簡単・便利に支払いを完了できます。

Apple Pay の設定は、iPhoneのWalletアプリから簡単に設定できます。Apple Payご利用分は、auじぶん銀行口座から、原則ご利用の都度引き落とされます。また、ご指定口座の預金残高内でご利用でき、お客様ご自身でもご利用限度額を設定いただけます。


原文はこちら
https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2020/1201_03.html

14:01 | 金融:銀行
2020/12/02new

【千葉銀行】「人生100年時代」における新たなビジネス展開に向けた三井住友信託銀行との協業について

| by:ウェブ管理者
千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、「人生 100 年時代」における新たなビジネス展開に向け、2020 年 9 月 1 日(火)より、高齢者向け商品・サービスの分野で知見のある三井住友信託銀行株式会社(取締役社長 橋本 勝)と協業を開始しました。

この協業では、長寿社会において高齢者が抱える経済面、生活面、健康面などのさまざまな問題を掘り下げ、信託機能を活用したソリューションの提供、相続事務の効率化、新商品・サービスの開発などを目指していきます。なお、協業の開始にあたり、「高齢社会商品開発・顧客対応研究会」と「相続事務研究会」の 2 つの研究会を立ち上げています。

この協業の成果のひとつとして、当行は「ちばぎん財産管理信託~家族で安心みまもり信託~」を開発し、2020 年 12 月 1 日(火)より取扱いを開始します。本商品は、高齢者が抱える認知能力や判断能力の低下リスクなどに対応し、家族と銀行が一体となって高齢者の財産管理をサポートする仕組みの信託商品です。

両行は、この協業をつうじて、多様化する高齢者のニーズや社会課題の解決に向けた取組みを一層推進していくとともに、地域社会への新たな付加価値を創造してまいります。


原文はこちら
https://www.chibabank.co.jp/data_service/file/news20201201_02_001.pdf

14:00 | 金融:銀行
2020/12/01new

【日本取引所グループ】システム障害に係る独立社外取締役による調査委員会の報告書について

| by:ウェブ管理者
先般のシステム障害を受けて、当社においては、障害発生の原因等について調査を行うとともに、調査結果を踏まえた再発防止等の各種対策の実効性を高めるため、本年10 月5 日付で、当社の独立社外取締役から構成される「システム障害に係る独立社外取締役による調査委員会」を設置しておりました。本日、同委員会から、別添のとおり報告書が提出されましたので、お知らせいたします。

調査報告書
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0020/nlsgeu00000553vh-att/nlsgeu00000553yv.pdf


原文はこちら
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0020/20201130-03.html

15:16 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/01new

【日本取引所グループ】IFRS対応方針協議会によるIFRS財団「サステナビリティ報告に関する市中協議文書」に対する意見提出について

| by:ウェブ管理者
日本取引所グループ及び東京証券取引所がメンバーとして加入するIFRS対応方針協議会(事務局:公益財団法人財務会計基準機構、金融庁)は、本年9月にIFRS財団が公表した「サステナビリティ報告に関する市中協議文書」に対して、意見を提出しました。
詳細は、以下の公益財団法人財務会計基準機構ホームページをご参照ください。


IFRS財団「サステナビリティ報告に関する市中協議文書」に対するコメント
https://www.asb.or.jp/jp/ifrs/ifrs_council/2020-1130.html


原文はこちら
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0060/20201130-01.html

15:15 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/01new

【東京金融取引所】2020年11月の取引数量について~くりっく365の取引数量は前月比25.8%増、前年同月比67.7%増。くりっく株365の取引数量は前月比69.9%増、前年同月比267.7%増。

| by:ウェブ管理者
(1)取引所為替証拠金取引(くりっく365)
くりっく365の取引数量は2,433,701枚(前月比25.8%増、前年同月比67.7%増)、一日平均では115,890枚となりました。
また、くりっく365ラージの取引数量は1,810枚で、1日平均は85枚でした。

(2)取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)
くりっく株365の取引数量は2,438,107枚(前月比69.9%増、前年同月比267.7%増)、
一日平均は116,099枚となりました。

(3) 金利先物等取引
金利先物等取引の取引数量は6,365枚(前月比1.5%増、前年同月比92.6%減)、一日平均では335枚となりました。

(4) 全商品合計 
全商品合計の取引数量は4,878,173枚(前月比44.5%増、前年同月比121.6%増)、一日平均では232,324枚となりました。


原文はこちら
https://www.tfx.co.jp/newsfile/article/20201201-95

15:14 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/01new

【東京金融取引所】取引開始のお知らせ (続報)

| by:ウェブ管理者
東京金融取引所では、取引所システム障害のため取引開始が遅延しておりましたが、現在は取引を開始しております。取引所売買システムは正常に稼働しております。

<対象商品>

取引所為替証拠金取引


原文はこちら
https://www.tfx.co.jp/newsfile/article/20201201-93

15:13 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/01new

【金融庁】年末における中小企業・小規模事業者に対する金融の円滑化について公表

| by:ウェブ管理者
金融庁は、11月30日、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい資金繰り状況に直面している事業者がおられることや、年末・年度末に向けて、運転資金等の需要が高まることを踏まえ、中小企業等の金融の円滑化について、別紙1のとおり、政府当局者と各金融機関の代表の意見交換会を開催するとともに、年末の中小企業・小規模事業者に対する金融の円滑化について、次の金融機関関係団体等に対し、別紙2のとおり要請いたしました。

(一社)全国銀行協会会長
(一社)全国地方銀行協会会長
(一社)第二地方銀行協会会長
(一社)信託協会会長
(一社)全国信用金庫協会会長
(一社)全国信用組合中央協会会長

農林中央金庫代表理事理事長

(別紙1)PDF中小企業等の金融の円滑化に関する意見交換会
https://www.fsa.go.jp/news/r2/ginkou/20201130-2.pdf

(別紙2)PDF年末における中小企業・小規模事業者に対する金融の円滑化について
https://www.fsa.go.jp/news/r2/ginkou/20201130.pdf


原文はこちら
https://www.fsa.go.jp/news/r2/ginkou/20201130.html

15:12 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/01new

【日本証券業協会】インターネット取引に係る株式売買等データを更新しました。(2020年10月分)

| by:ウェブ管理者
インターネットを利用した株式取引および投資家の状況について調査(月次)を行い、調査結果を開示することによって投資家や証券会社に必要な情報を提供し、使い勝手の良い市場の構築に役立てる観点から、当該趣旨に賛同し参加を希望した会員のインターネット取引による株式売買等に関するデータを翌月末日(当日が休業日に当たる場合は、直前の業務日)に公表しています。

2020年10月 エクセルファイル (Excel:31KB) 2020年11月30日発表
https://www.jsda.or.jp/shiryoshitsu/toukei/files/baibaidata.202010.xls


原文はこちら
https://www.jsda.or.jp/shiryoshitsu/toukei/datakaiji.html

15:11 | 金融:行政・取引所・団体
2020/12/01new

【LINE証券】「LINE証券」、他社からの国内株式の移し替え「移管入庫」対応を開始 さらに年間の損益確認ができる機能のアップデートを実施!

| by:ウェブ管理者
LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、「LINE」上で取引ができるスマホ投資サービス「LINE証券」において、他社からの国内株式の移し替え「移管入庫」対応を11月28日(土)より開始、また年間の損益確認が可能になる機能のアップデートを実施いたしましたので、お知らせいたします。
「LINE証券」では、より便利にアプリをお使いいただけるよう継続的なアップデートを実施しております。
このたび、他の証券会社からの国内株式の移し替え「移管入庫」(単元株・単元未満株ともに受け付け)が可能*1となりました。なお、「LINE証券」での移管手数料は無料*2となっています。

また、これまでは取引履歴の一覧しか表示されませんでしたが、今回から年間の譲渡損益・配当金が確認できるようになりました。今年の運用成績をすぐに把握することができ、お客さまご自身で譲渡損益や配当課税の計算作業をしなければならない確定申告の際にご活用いただけます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002731.000001594.html

15:10 | 金融:証券
2020/12/01new

【SBIマネープラザ】住宅ローン取扱額6,000億円突破のお知らせ

| by:ウェブ管理者
 SBIマネープラザ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:太田智彦、以下「当社」といいます。)は、2020年11月30日時点で住宅ローンの取扱額(※注1)が6,000億円を突破しましたことをお知らせいたします。

 当社では、ネット銀行の取扱う魅力的な好金利に加え、保証料及び一部繰上返済手数料の無料並びに先進医療特約付き団体信用生命保険・全疾病保障(※注2)といった充実の保障が金利上乗せ無しで付帯される住信SBIネット銀行株式会社(以下「住信SBIネット銀行」といいます。)の「ミスター住宅ローンREAL」(※注3)と住信SBIネット銀行が住宅金融支援機構と提携し提供する長期固定金利の住宅ローンの「フラット35(買取型・保証型)」を取扱っています(各商品詳細については当社ホームページの商品ページをご覧ください。)。

 また、当社では全国9か所の店舗(※注4)において、お客様のニーズに合わせた最適なプランのご提案からご融資実行までを、当社の住宅ローン専門スタッフが丁寧にサポートいたします。さらに、当社では平日はお仕事でご来店が難しいお客様のニーズにお応えし、土曜日、日曜日(但し、祝日を除く。)も営業しています。新規に住宅をご購入予定のかたも、ご返済中の住宅ローンの見直しをご検討中のかたもお気軽にご相談ください。
 なお、住宅ローンに関するご相談はすべて完全予約制となっていますので、ご相談をご希望されるお客様におかれましては、当社ホームページの予約ページ、またはお電話にて必ず事前のご予約をお願いいたします。
 当社は、今後も一人ひとりに最適な金融商品を提供する「日本最大の金融商品ディストリビューター」を目指し、魅力ある商品・サービスの提供を通じて、「顧客中心主義」の徹底に努めてまいります。


原文はこちら
http://www.sbigroup.co.jp/news/2020/1201_12227.html

15:09 | 金融:証券
2020/12/01new

【岡安商事】フィーチャーフォン(ガラケー)版取引システム及びiアプリ版取引システム、サービス終了のお知らせ

| by:ウェブ管理者
平素より、為替ライフをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度「為替ライフ」では、2021年1月29日(金)付営業日をもって、フィーチャーフォン(ガラケー)版取引システム及びiアプリ版取引システムのサービス提供を終了することとなりましたのでお知らせ致します。

ご利用のお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただき、今後はパソコン版またはスマートフォンアプリ版をご利用くださいますようお願い申しあげます。


原文はこちら
http://www.okayasu-shoji.co.jp/click365/news/show/index.php?id=433

15:08 | 金融:コモディティ
2020/12/01new

【住信SBIネット銀行】預金総残高6兆円突破のお知らせ

| by:ウェブ管理者
住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」という)は、2020年11月25日に預金総残高(※1)が6兆円を突破いたしました。

住信SBIネット銀行は、2007年9月の営業開始以来、ボーナスシーズンのキャンペーン金利など好金利の円定期預金、ネット銀行ならではの為替コスト・金利でご利用いただける外貨預金・外貨積立、株式会社SBI証券との連携サービスであるSBIハイブリッド預金、「元本保証」・「好金利」のプレーオフ(預入期間延長型 円仕組預金)など幅広い商品を提供してまいりました。こうした取組みがお客さまのご支持を得て、このたび預金総残高が6兆円を突破しました。ひとえにお客さまのご愛顧の賜物であり、役職員一同あらためて心より御礼申し上げます。

※1 円普通預金、SBIハイブリッド預金、円定期預金、円仕組預金、外貨普通預金、外貨定期預金、外貨仕組預金の合計。外貨預金については住信SBIネット銀行所定レートによる円換算後。


原文はこちら
http://www.sbigroup.co.jp/news/2020/1201_12229.html

15:07 | 金融:銀行
2020/12/01new

【ジャパンネット銀行】PayPayがジャパンネット銀行の普通預金口座開設、カードローン、ビジネスローンの媒介を開始~ PayPayとジャパンネット銀行が銀行代理業務において業務提携 ~

| by:ウェブ管理者
株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)とPayPay株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員CEO:中山一郎、以下PayPay)は、銀行代理業務に関して業務提携します。ジャパンネット銀行は、2020年12月1日(火曜日)より、ジャパンネット銀行が提供する個人および法人・個人事業主の普通預金口座開設、個人向けカードローン、法人・個人事業主向けビジネスローンに関する業務について、PayPayへの委託を開始します。
今回の委託によりPayPayは、ユーザー向けに提供する「PayPay」アプリや加盟店向けの「PayPay for Business」の管理画面などで、ジャパンネット銀行の個人および法人・個人事業主の普通預金口座開設、個人向けカードローン、法人・個人事業主向けビジネスローンに関する勧誘・契約締結の媒介を行います。
なお、PayPayは2020年11月26日付で銀行代理業の許可を受けています。

<PayPayで媒介・勧誘を行うジャパンネット銀行のサービス>
・円普通預金口座(対象:個人、法人・個人事業主)
・カードローン(対象:個人)
・ビジネスローン(対象:法人・個人事業主)


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000249.000003984.html

15:06 | 金融:銀行
2020/12/01new

【auじぶん銀行】auじぶん銀行、じぶん銀行スマホデビットをApple Pay対応に

| by:ウェブ管理者
~対応開始を記念し先着で現金500円プレゼントや20%キャッシュバック抽選キャンペーンも実施~

2020年12月1日、auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は、auじぶん銀行が発行するカードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」を本日からApple Payに対応いたします。
これによりauじぶん銀行のiPhoneユーザーが店頭で「じぶん銀行スマホデビット」をご利用いただくことが可能になります。

Apple Payはプラスチックカードを店員に手渡したり、暗証番号を入力するために決済端末に触れたり、紙幣や硬貨をやり取りしたりすることなく安全に決済でき、セキュリティーとプライバシーにも配慮した支払い方法と、iPhoneの機能でユーザーを守ります。

一度じぶん銀行スマホデビットをApple Payに設定いたしますと、auじぶん銀行に口座を持つお客様はiPhoneとApple Watchでコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアなど、日本全国で約130万台あるQUICPay+加盟店で、タッチレスで支払いを済ませることが可能になります。Apple Payでの支払いは、Face ID、Touch IDまたはデバイス固有のパスコードと独自の取引コードで認証されるため安全です。

さらにApple PayはiPhone、iPadのスマートフォンアプリでショッピングしたり、MacでSafariを使ってウェブ上でお買い物をする際には、各サイト特有のアカウントを作ったり、送り先や請求先情報を何度も入力することなく、より早く、簡単・便利に支払いを完了できます。

Apple Pay の設定は、iPhoneのWalletアプリから簡単に設定できます。Apple Payご利用分は、auじぶん銀行口座から、原則ご利用の都度引き落とされます。また、ご指定口座の預金残高内でご利用でき、お客様ご自身でもご利用限度額を設定いただけます。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000026860.html

15:05 | 金融:銀行
2020/12/01new

【秋田銀行】〈あきぎん〉ビジネスコンテスト2020-2021の開催について

| by:ウェブ管理者
株式会社秋田銀行(頭取 新谷明弘)は、下記のとおり創業・第二創業者を対象とした「〈あきぎん〉ビジネスコンテスト 2020-2021」を開催することからお知らせいたします。

今回で4回目の開催となる本コンテストは、①地域課題解決事業、②地域資源活用事業といった地域経済の牽引が期待されるテーマに関するビジネスプランを広く募集し、表彰するとともに、事業化・事業成長を支援することを目的としております。

当行では、2017年(平成29年)1月に創業支援プラットフォームとして「〈あきぎん〉STARTUP Lab」を立ち上げし、起業マインド醸成、ビジネスアイデア創出およびビジネスモデル確立までの一貫支援に取り組んでおり、本コンテストは当該取組みの一環として開催するものです。


原文はこちら
http://www.akita-bank.co.jp/showimage/pdf?fileNo=3266

15:04 | 金融:銀行
12345
 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.