金融&IT業界の情報ポータルサイト
 
 
 
写真レポート >> 記事詳細

2019/04/27

【東京都】「国際金融都市・東京」構想の一環として「都民ニーズ解決」と「ESG投資」を手掛ける金融事業者を募集・審査を実施、「東京金融賞」表彰式を開催!

| by:サイト管理者


 2019年2月5日(火)、東京都政策企画局は、六本木ヒルズ森タワーにおいて「東京金融賞」表彰式を開催した。東京金融賞は、東京都が2017年11月に発表した「国際金融都市・東京」構想の中の1つの施策で、都民のニーズ等の解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者とESG投資の普及を実践する金融事業者を表彰すべく創設されたという。
(ESG:Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治))




 冒頭に、田尻 貴裕氏(東京都政策企画局 戦略事業担当部長)より、東京金融賞の概要や目的について説明。事業者の募集では両部門で95社(うち海外企業が半数)の応募があり、外部有識者による審査委員会での審査を行い、「都民ニーズ解決部門」で3社、「ESG投資部門」で4社が表彰されるまでの経緯を紹介した。



 「審査委員長からの講評」では、細溝 清史氏(公益財団法人金融情報システムセンター 理事長)が登壇。

 講演「東京都における金融課題と都民ニーズの実現」では、増島 雅和氏(森・濱田松本法律事務所 パートナー)が登壇。



 講演「ESG投資の世界の潮流と東京での拡大傾向」では、Fiona Reynolds氏(PRI CEO)よりビデオレターでメッセージを紹介、続いて、森澤 充世氏(PRIジャパン ヘッド)が登壇した。




「都民ニーズ解決部門」受賞企業によるプレゼンテーション。

 justInCase 畑 加寿也氏(代表取締役)が登壇。
 トラノテック ジャスティン バロック氏(代表取締役)が登壇。
 グローリー 藤田 裕一氏(ビジネスイノベーションセンター 新事業推進部 部長)が登壇。




「ESG投資部門」受賞企業によるプレゼンテーション。

 ニューバーガー・バーマン 大平 亮氏(代表取締役社長 マネージングディレクター)が登壇。
 ロベコ・ジャパン 坪田 史郎氏(代表取締役社長)が登壇。
 SOMPOホールディングス 越川 志穂氏(CSR室長)が登壇。
 三井住友トラスト・アセットマネジメント 堀井 浩之氏(執行役員 スチュワードシップ推進部長)が登壇。



 すべてのピッチが終了し、「知事挨拶」では、小池 百合子氏(東京都知事)が登壇。感謝の言葉と共に、「東京金融賞」を企画した背景や目的を紹介。世界が激変する中、人材・情報・技術が集まる「国際金融都市・東京」に向けて、都民のニーズに応え、金融を通じて社会を良くすべく、アイデアを競い合い、稼ぐ力を強め、日本を牽引するスマートシティに導いて欲しいと受賞企業への期待の言葉を述べた。





 「都民ニーズ解決部門」で3社、「ESG投資部門」で4社の表彰式が終わり、記念撮影が行われた。



 すべてのプログラムの終了後、懇親会へ。懇親会場には軽食と飲み物、受賞企業のブースが用意され、ネットワーキングが行われた。東京都が目指す「国際金融都市・東京」構想の進展に向けて、今後の受賞各社の取り組みと展開に注目したい。

(取材、撮影、記事、編集・制作 : GoodWayメディアプロモーション事業部 @株式会社グッドウェイ )





15:19 | 写真:金融・IT業界向け




 

【免責事項】
サイト掲載情報の正確性、および完全性については最善を尽くしておりますが、その内容を保証するものではございません。また利用者が当サイト、およびサイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等を利用されたことに起因、または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問わず)について、当社、当サイト、投稿者および情報提供者は一切の責任を負いません。

Copyright © 2010- GoodWay Inc. All rights reserved.